【ポイ活】楽天ゴールドカードのメリット・デメリットについて解説 楽天カードとの比較

ポイント系
スポンサーリンク

「楽天ゴールドカード」は、他のゴールドカードに比べて年会費が安くすむ、ゴールドカードです。
「楽天カード」のワンランク上のカードとして、「楽天ゴールドカード」が気になっている人もいると思います。

「楽天ゴールドカード」について、私が実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介します。
楽天ポイントでのポイ活に興味がある方や「楽天ゴールドカード」の申し込みを考えている方は、本記事をご参考ください。

■「楽天ゴールドカード」について

「楽天ゴールドカード」は「楽天カード」の1つ上の上位カードです。
「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」を比較した表をまとめたので、参考にしてください。

   楽天カード 楽天カードゴールド
年会費 永年無料 2200円
ポイント還元率 通常:1%
楽天市場:3%
通常:1%
楽天市場:5%
国際ブランド Mastercard/Visa/JCB/Americanexpress Mastercard/Visa/JCB
追加カード ETCカード:年会費550円
家族カード:無料
ETCカード:無料
家族カード:年会費550円
付帯サービス なし 空港ラウンジサービス
トラベルデスクサービス
利用限度額 100万円 200万円

■「楽天ゴールドカード」のメリット

私が使ってみた「楽天ゴールドカード」のメリットは以下です。
 ①楽天市場でのポイント還元率が優秀
 ②利用限度額が高い
ひとつひとつ解説します。

①楽天市場でのポイント還元率が優秀

「楽天ゴールドカード」は楽天市場でのお買い物でポイント還元率が高くなるSPU(スーパーポイントアッププログラム)の適用により、+4%のポイント付与上昇の恩恵を受けることができます。
楽天市場でのお買い物はデフォルトで1%のポイントが付与されるので、楽天ゴールドカード支払いで計5%(1%+4%)のポイント付与になります。

楽天市場で「楽天カード」を使って貯まるポイントは3%です。「楽天ゴールドカード」は、「楽天カード」より2%プラスしたポイントが貯まります。

②利用限度額が高い

「楽天ゴールドカード」の利用限度額は200万円です。
「楽天カード」の利用限度額は100万円のため、2倍の限度額となっています。

注意点として、利用可能額は楽天独自の審査基準により決定します。そのため利用限度額は契約者によって異なります。
※口コミを見る限りだと他のクレジットカードより審査は緩めと見かけますが詳細は不明

※他にも「航空ラウンジ無料」や「ETCカード無料」のメリットはありますが、私は活用できてないので割愛します。

 

■「楽天ゴールドカード」のデメリット

私が使ってみた「楽天ゴールドカード」のデメリットは以下です。
 ①年会費2200円かかる
解説します。

①年会費2200円かかる

「楽天ゴールドカード」は、年会費がかかります。
年会費は2200円です。

楽天市場を利用しない限り、「楽天ゴールドカード」を持つメリットは薄いです。(空港ラウンジも使えますが、旅行に行かないなら効力は薄いです。)
片や「楽天カード」は、年会費は永年無料です。

「楽天ゴールドカード」を持つのであれば、楽天市場での買い物が重要になります。
「楽天ゴールドカード」は「楽天カード」より楽天市場での買い物が+2%高くなるため、この2%分が年会費2200円以上の利益を生み出すのであれば、「楽天ゴールドカード」を持つことをおすすめします。

年会費2200円を+2%のポイントで補うには、楽天市場で年間110,000円の買い物が必要です。(月間換算だと毎月9167円必要)

計算式:110,000円 × 2%(ポイント/円) =2,200ポイント

逆に言うと、楽天市場での買い物が年間110,000円に満たないなら、「楽天ゴールドカード」を持つメリットは薄いです。

■最後に

今回は「楽天ゴールドカード」の紹介をさせていただきました。
楽天市場を今まで使っていなかった人にはデメリットの年会費は気になりますが、
 ・ふるさと納税
 ・楽天買い回りマラソン
を活用すると年間110,000円を超えることは難しくないため、各個人でシミュレートした上で「楽天ゴールドカード」の所持をご検討ください。

私は初めに「楽天カード」を使って、途中から「楽天ゴールドカード」に切り替えました。
今度、別記事で「ふるさと納税」と「私が実際にやっている楽天買い回りマラソン」について解説しようと思いますので、そちらも参考にしてください。

それでは、楽しいポイ活ライフを!

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました